薬剤師が求人サイトに登録するメリットとデメリット

薬剤師が求職活動をするときには求人サイトに登録するのが良いと言われています。しかし、本当にメリットがあるのかと疑問に思っている人もいるでしょう。デメリットの方が実は大きいのではないかと心配している人のために、登録するメリットとデメリットを紹介します。

正しく理解をして登録すべきかどうかを判断できるようになりましょう。

合わせて読む:老人保健施設で働く薬剤師の仕事とは?その特徴や求人数について解説

求人サイトには二種類ある

まず前提として求人サイトには二種類あるので登録するときには区別をして考えましょう。薬剤師専門の求人サイトは増えてきていますが、大別すると求人を掲載しているだけの一般的に言われる求人サイトと、求職活動をしたい人を広くサポートする転職エージェントのサイトがあります。

どちらも会員登録して利用する仕組みになっていることが多いですが、求人サイトはいわゆる求人誌などと同じなので登録しなくても求人を探すことが可能です。それに対してエージェントの場合にはサポートサービスを受けるために登録しなければなりません。

このような二種類のサイトがあるのを念頭に置いて、それぞれのメリットとデメリットを考えてみましょう。

求人サイトに登録するメリット

一般的な求人サイトは登録せずとも自由に求人を検索して詳細を確認することができます。それでは特に求人サイトに登録する意味はないのではないかと思うかもしれませんが、登録するとサイトに搭載されている各種の機能を利用できるメリットがあります。

会員登録をするとマイページを利用できるようになり、お気に入りの求人を登録して管理することができるのが一般的です。気になったものをワンクリックでお気に入りに入れておけるので、まずは良さそうなものをピックアップしていって後でゆっくり比較しようという方針を立てられるでしょう。

今は応募しないけれど気に留めておきたい求人を一時保存しておくのにも活用可能です。マイページからスカウト募集をかけられる求人サイトもあります。履歴書や職務経歴書、アピール記事などをアップロードすることで、雇用側から探してもらえるようになるのが特徴です。

薬剤師は売り手市場なので調剤薬局やドラッグストアなどが人材を探しに来てくれることも多く、キャリアや経験から判断して有望だと判断されるとオファーをもらえるでしょう。自分から応募しなくても声がかかるのは便利な点で、立場としてもオファーを受けた側になるので優位になり、条件交渉などもやりやすくなります。

また、会員登録をするとメールマガジンによって転職活動のノウハウを教えてもらえたり、新着の求人情報を送ってもらえたりするサービスもあります。さらに簡単な質問であればスタッフに答えてもらえるサービスがあるサイトもあるので登録するメリットは大きいでしょう。

サイトによっては求人に応募する段階で会員登録をしなければならない場合もあります。履歴書や職務経歴書を登録しておくことで、複数の求人に応募するときにも簡単にできるメリットもあります。このようにいざ使おうと思ったら役に立つ機能が多いのは会員登録をする魅力です。

求人サイトに登録するデメリット

求人サイトに登録するのにはデメリットがあるかというと、実はあまりありません。会員登録の手間がかかることが最も大きなデメリットでしょう。また、住所や電話番号は最初の登録のときには不要のことが多いですが、求人に応募するときには記入しなければならない場合がほとんどです。

履歴書や職務経歴書なども登録が必須の場合があるので、個人情報の管理がきちんとできているところに登録しないと漏洩のリスクがあります。

メールマガジンなどが送られてくるのが嫌だという人もいますが、配信停止はできるのが一般的なのであまり大きなデメリットにはならないでしょう。

エージェントに登録するメリット

エージェントに登録するメリットは求職活動を全般的にサポートしてもらえることです。エージェントは求人紹介をしてくれるサービスだと誤解している人もいますが、役割は転職に関わる悩みの相談から転職完了後のアフタフォローまでかなり幅が広くなっています。

登録をしたら希望をヒアリングしてもらうことができ、積極的に求人を紹介してくれるでしょう。

その都度、不安なことや心配なこと、あるいはもっとこういう仕事をしたいといった希望などを伝えていくと柔軟に対応してくれます。応募するときには書類作成の補助や内容の添削をしてもらうことができ、面接の際にはキーポイントを教えてもらえるなど、有用なサービスが豊富なのがエージェントに登録するメリットです。

求人紹介では公開されていない独自の求人も多数抱えているのが魅力です。公開されている求人を見ても希望するものが見つからないときにはエージェントに登録してそれを率直に伝えてみましょう。秘蔵の求人を紹介してくれて、魅力的な職場で働けるようになる可能性が十分にあります。

エージェントに登録するデメリット

エージェントに登録すると色々なサポートを受けられるからデメリットはないと思うかもしれません。求人サイトに登録するのと同様に個人情報を提供するので情報漏洩のリスクがあるのは確かでしょう。そのくらいしかデメリットがないかというと、対応が面倒になるリスクがあるので注意が必要です。

エージェントに登録すると電話やメールに対応しなければならなくなります。求人紹介のメールが定期的に送られてきたり、電話で求職活動の様子を聞かれたりするのです。真摯に対応していないと転職する気がないと思われてしまってあまりサポートを受けられなくなってしまうこともあります。

また、紹介してもらった求人にあまり良いものがない場合もあります。すると何度もやり取りをして自分の希望を伝えていく必要があり、時間も労力もかなりかかってしまうことは否めません。自分をよく理解してくれるエージェントに巡り合えないと苦労することがあるという点もデメリットとして念頭に置いておきましょう。

求人サイトやエージェントを有効活用しよう

求人サイトと一般的に言われているサイトには求人を掲載しているだけのサイトとエージェントのサイトがあります。求人掲載サイトの場合にはマイページに求人を登録しておけたり、スカウトを募集できたりするメリットがあってデメリットはあまりありません。

エージェントはサポートを受けられるのが魅力です。登録する良し悪しを考えて有効活用しましょう。